もののけ姫 名言と主題歌の歌詞の意味

最新情報

もののけ姫とは?

もののけ姫は、宮崎駿監督によるスタジオジブリの長編アニメ映画です。

説明するまでもなく、知らない人はいませんね。それほどまでに有名な映画です。

主題歌の歌詞は意味深で、また名言もたくさんありますね。


(リンク先は楽天市場)

1997年7月12日に公開され、興行収入193億円に上り、当時の日本映画の興行記録を更新しました。

もののけ姫は、構想16年・制作3年の大作で、キャッチコピーは「生きろ」です。

もののけ姫のあらすじ

主人公「アシタカ」は、エミシの隠れ里に住む少年で、村を襲った「タタリ神」により死の呪いをかけられてしまいます。

アシタカは、己の運命を知るため、西方の地を目指して旅立ちます。

その旅の途中で、出会うのが本作のメインの舞台であるエボシ御前を長とするタタラの民です。

タタラとは鉄の製法で、本作でも山林を開拓してタタラの民は鉄を作っています。

タタラの民と対峙する森を守る山犬一族と、山犬として生きる少女「サン」と出会い、アシタカはタタラの民と山犬一族と板挟みの状況になります。

そんな状況でアシタカは自分が呪われた理由を知り、森を守ろうとする「もののけ」たちと、もののけの長「シシ神」と敵対する人間の戦いが始まります


サンとアシタカの物語、人間ともののけの戦いなど見所満載です。

もののけ姫の歌詞と意味

もののけ姫の主題歌は、宮崎駿監督が作詞、作曲編曲が久石譲で、米良美一が歌う有名な曲ですね。

購入はこちらから↓

(リンク先は楽天市場)

米良美一の綺麗な高音の声が特徴ですね。

歌詞です↓

はりつめた弓の ふるえる弦よ
月の光にざわめく おまえの心

とぎすまされた刃の美しい
そのきっさきによく似た そなたの横顔

悲しみと怒りにひそむ まことの心を知るは
森の精 もののけ達だけ もののけ達だけ

Uh… Uh… Uh… Uh… Uh…
Ah… Ah… Ah… Ah… Ah…


作詞をした宮崎駿監督、この歌詞は「アシタカの心の声」だと言っています。

アシタカがサンに向けた言葉とも解釈できますね。

そう考えると、少しさみしく、つらくなるのは私だけでしょうか?

もののけ姫の名言

もののけ姫の劇中の名言をまとめてみました。


・アシタカ編

「私は自分の足でここへ来た。自分の足でここを出ていく。」

「生きろ。そなたは美しい。」

「あの子を解き放て!あの子は人間だぞ。」

「共に生きよう、会いに行くよ、ヤックルに乗って」


アシタカのサンへの思い、意志の強さがかっこよすぎます!


・サン編

「母さんをバカにするとゆるさんぞ」

「アシタカは好きだ、でも人間を許すことはできない。」

「おいき!山犬の血をとだえさせてはだめ!いい子・・」

アシタカと同じく、サンの人柄が出ています。感動しますね。

その他にいろいろ思うことはありますが、人によって感じ方も違ってくると思います。人それぞれにベスト名言があると思いますので、名言の紹介はここまでにしておきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする