ゼネコンランキング

最新情報

ゼネコンとは?

ゼネコンとは、ゼネラルコンストラクターの略で、
日本語では「総合建設業」と言います。

ゼネコン同士では、売上ランキングの格付けによる
上下関係が他業種と比べて厳しいそうです。

建物を建てるには、仕事を受注し、設計して、
積算、施工、完成後の管理など、様々な段階があります。

これら工事全体をすべて自社で行うのがゼネコンです。

日本には、ゼネコンとは別に、
建物を設計する建築設計事務所

設計された建物がいくらで建てることができるかを
算定する建築積算事務所

設計された図面通りに建物を建てる施工会社

などの業種もあります。
これらの業種は、ゼネコンとは元請け・下請けなどの複雑関係にありますね。

ちなみに「ゼネコン」という形態の企業は、日本ではポピュラーですが、
世界で見ると珍しく、例えばアメリカにはゼネコンはありません。

ゼネコンのランキング

日本のゼネコン業界は、「スーパーゼネコン」と言われる
超大手ゼネコンを頂点に、地場のゼネコンまで
ピラミッド構造になっています。

ランキング的には

スーパーゼネコン

大手ゼネコン

準大手ゼネコン

中堅ゼネコン

地場のゼネコン


という感じに格付けされています。

スーパーゼネコンと呼ばれるゼネコンは5社あり、
この5社の売上は、他のゼネコンと比べて別格ですね。

スーパーゼネコンとは、
鹿島建設・清水建設・大成建設・竹中工務店・大林組
の5社を言います。

どの会社も建設業界に興味がなくても、
一度は聞いたことがある会社名ですね。

その下に、大手・準大手と並びますが、
長谷川コーポレーション・西松建設・戸田建設・五洋建設などです。

スーパーゼネコンは、会社の規模だけでなく、格式も別格です。
どのスーパーゼネコンも歴史は古く、日本の歴史に現れてきます。

国家プロジェクト並みの大規模な建物は、
例外なくスーパーゼネコンが関わっています。

例えば、日本初の超高層ビルである霞が関ビル鹿島建設

関西国際空港大林組で、東京都庁舎大成建設です。

その他には、東京ミッドタウン竹中工務店
東京スカイツリー大林組国立代々木競技場清水建設です。

ゼネコンの売上ランキング

ゼネコンの2012年度決算の売上ランキングを調べてみました。

1位:清水建設 1,217,341(937,941)
2位:大成建設 1,085,624(825,439)
3位:大林組 1,085,1259(885,681)
4位:鹿島 1,069,925(745,925)
5位:竹中工務店 788,324(736,718)

6位:戸田建設 460,293(368,725)
7位:長谷川コーポレーション 411,436(275,988)
8位:前田建設工業 301,197(192,543)
9位:東急建設 221,015(179,514)
10位:フジタ 242,701(171,737)


ランキングのトップ10まで調べてみました。
数字は総売り上げで、単位は百万円です。
( )内の数値は、総売り上げのうち建築業での売上です。
単位は同じ百万円です。

売上、とくに建築業での売上を見ると、
スーパーゼネコンの5社が突出していますね。

スーパーゼネコンが「スーパー」と言われる理由が分かりますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする