電撃文庫のランキング 電子書籍も人気

最新情報

電撃文庫とは?

電撃文庫とは、アスキー・メディアワークス発行の
ライトノベルを中心に出版している文庫レーベルです。

創刊は1993年で、初刊発行のタイトルは、

・漂流伝説 クリスタニア 1(水野良)
・聖マリア修道院の怪談 極道くん漫遊記外伝(中村うさぎ)
・ダーク・ウィザード 蘇りし闇の魔道士(寺田憲史)
・瑠璃丸伝 当世のしのび草紙 1(松枝蔵人)


の4タイトルです。

ライトノベルのレーベルは、電撃文庫のほかに、

・富士見ファンタジア文庫
・角川スニーカー文庫
・ファミ通文庫
・ガガガ文庫


など、多数ありますが、
電撃文庫はその中でも最大手とされています。

電撃文庫のランキング

ライトノベルは、アニメの原作になる作品が多いですね。

よく聞く人気アニメの原作が、
電撃文庫のライトノベルだったということはよく聞きますね。

そんな電撃文庫作品の人気ランキングをまとめてみました。
売上部数による正確なデータのランキングではなく、
ネット上での情報や主観でのランキングですのであしからず。

第1位 とある魔術の禁書目録
第2位 ソードアート・オンライン
第3位 俺の妹がこんなに可愛いわけがない
第4位 キノの旅
第5位 境界線上のホライゾン
第6位 灼眼のシャナ
第7位 デュラララ!!
第8位 バッカーノ!
第9位 神様のメモ帳
第10位 とらドラ!


第1位の「とある魔術の禁書目録」↓

(リンク先は楽天市場)

とりあえず、TOP10までまとめてみました。
私の主観もかなり入っています。
賛否両論あるでしょうが、ご了承ください。

どれも、アニメ・漫画化されている人気作品です。
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」や、
「境界線上のホライゾン」などはゲーム化もされていますね。

電撃文庫の電子書籍

他のライトノベルレーベルと比べて、
電子書籍化がゆるやかだった電撃文庫ですが、
2013年4月から本格的に電子書籍化されています。

以前は、同じ「角川グループ」が運営する「BOOK☆WALKER」で主に配信され、
その他の電子書店は、少ししか配信されていませんでしたが、
最近では、主だった電子書店でアニメ化された人気作品を中心に
電子書籍化されています。

ライトノベルは、表紙が美少女チックな絵が多いので、
書店で購入するとはずかしいと思う人もると思います。

また、続きがすぐに読みたくなる作品が多いですね。

回りを気にすることなく、
いつでもすぐに購入できる電子書籍は便利ですね!

こちらの大手電子書店でも電撃文庫を取り扱っていますよ
→ 電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする