リニアモーターカーを見学するには?

最新情報

リニアモーターカーとは?

リニアモーターカーとは、
2027年に東京~名古屋間で先行開業予定
中央新幹線で採用される鉄道車両です。

リニアモーターカーの原理は、
簡単に説明すると、磁力の反発・吸引力によって浮上し、
リニアモーターにより推進します。

もっと詳しく説明すると、
車両側に超伝導磁石を搭載し、
電流を流すことで磁界を発生させ、
地上側(レール側)に設置されコイルとの
磁気相互力により、浮上して走行します。

なんか難しいですが、
要は、磁石の力で浮上・推進するということです。

最高速度は時速505kmで、
試験走行では世界最速の時速585kmを記録しています。

東京~名古屋間を最速40分
東京~大阪間を最速67分で結ぶ予定です。

リニアモーターカーの見学

現在、リニアモーターカーは試験中で、
山梨県の笛吹市~上野原市にある「山梨リニア実験線」
試験走行を繰り返しています。

山梨リニア実験線は、2013年8月29日に全線が開通し、
新型車両であるL0系により本格的な試験走行を行っています。

走行中のリニアモーターカーを見学したいのであれば、
この「山梨リニア実験線」の沿線沿いから
見ることができるようになると思います。

山梨県立リニア見学センター

リニアモーターカーを間近で見たいのであれば、
山梨リニア実験線のそばにある「山梨県立リニア見学センター」
で見学することができます。

入館は無料で、駐車場も完備されています。

山梨県立リニア見学センターは、
山梨リニア実験線の走行試験の開始に
合わせて開館した県立の施設です。

リニア見学センター新館も建設中です。

試験走行の日時は、山梨県立リニア見学センターの
HPから確認できます。
→ 山梨県立リニア見学センター

また、現在では行っていませんが、
リニアモーターカーの試乗もできるように
なるみたいですね。楽しみです!

リニアモーターカーの試験走行の模様


リニア中央新幹線のルートと停車駅

リニア中央新幹線のルートと停車駅が正式に発表されました。

発表されたのは、先行開業する東京~名古屋間ですが、

品川駅(始発)

神奈川県相模原市

山梨県甲府市

長野県飯田市

岐阜県中津川市

名古屋駅


となるようです。
区間は約286kmで約40分で結びます。

元々は、2027年開業予定ですが、
2020年の東京オリンピックに合わせて
開業したいとの声が多く上がっているようですが、
JR東海は「物理的に無理」と否定していますね。

ちなみに東京~大阪間は2045年開業予定です。
まだまだ未来の世界ですね。

東京~博多間が開業するのはいつになるのでしょうか?
私は広島人なので、そちらのほうが気になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする