夏目漱石の読んでおきたい三部作

最新情報

夏目漱石の生涯

夏目漱石は、1867年2月9日に、
江戸の牛込馬場下(現在の東京都新宿区喜久井町)
で生まれました。

本名は「夏目金之助」です。

父は名手・夏目小兵衛直克、母は千枝で、
末っ子(5男)として生まれました。

1883年には英語を学ぶため、
神田駿河台の英学塾成立学舎に入学しました。

その後も学業に励み、ほとんどの教科で
首席となり、特に英語が優れていたそうです。

1889年には、俳人・正岡子規と出会い、
子規が手がけた漢詩や俳句などの文集「七草集」
批評を漢文で行い、友情が始まりました。

実は「漱石」という名前は、
正岡子規が使っていたペンネームの一つで、
後に、正岡子規から譲り受けています。

1890年に帝国大学の英文科に入学。
1893年には、イギリスに留学しています。

その後も東京帝国大学や明治大学で
講師を務めています。

また、教え子であった「藤村操」が入水自殺し、
漱石は神経衰弱となりました。

1904年、同じ小説家・俳人である「高浜虚子」の勧めで、
神経衰弱を和らげるため、処女作の「吾輩は猫である」
を執筆しています。

1907年には朝日新聞社に入社し、
職業作家としての道を歩み始めます。

その後も数々に作品を執筆しますが、
1910年には胃潰瘍のため入院します。

胃潰瘍を発病後も入退院を繰り返しながら、
作品を執筆し、
1916年に、胃潰瘍で亡くなります。

夏目漱石の三部作

夏目漱石の三部作は、前期と後期に分かれます。

前期三部作は、漱石が41~44歳ころの作品で、

「三四郎」(1908年)
「それから」(1909年)
「門」(1910年)


の三作を言います。
恋愛が主要テーマで、倫理観と人生観を追究した作品です。

後期三部作は、漱石が45~50歳ころの作品で、

「彼岸過迄」(1912年)
「行人」(1912年)
「こころ」(1914年)

の三作を言います。
人間のエゴイズムを解析した作品です。

前期・後期の三部作の中で、
特に前期三部作は、夏目漱石の作品の中での
代表作とされていて、一度は読んでおきたい作品です。

特に、就職活動をしている学生さんや、
若いビジネスパーソンには一般常識として、
読んでおくことをお勧めします。

三部作が一つにまとまった電子書籍が、
楽天koboより発売されています。お勧めです。


(リンク先は楽天市場)

夏目漱石三部作のあらすじ

夏目漱石の三部作である
「三四郎」「それから」「門」
簡単なあらすじを紹介します。

・三四郎
福岡県の農村出身の主人公の三四郎が上京し、
東京の、自分とは全く常識が異なった世界での物語です。

三四郎は、「故郷」「学問」「華美溢れる世界」
の3つに世界を整理し、3つ目の華麗な世界に心惹かれます。

三四郎は美禰子という女性に恋をしますが、
美禰子は曖昧な態度を続け、
最後は三四郎の兄と結婚するストーリーです。

なんともいえませんね・・・。

・それから
主人公の名前は「代助」です。
実業家の父のおかげで、裕福で自由気ままに生活しています。

親友である「平岡」のために、
兄にお金を貸してくれるように頼むが断られ、
「金に不自由しないようでいて、大いに不自由している男」
であることに気づきます。

その後、平岡の妻である「三千代」を好きになり、
告白するが、心臓病を患っていた三千代は、病床で卒倒。

代助は、平岡に三千代を譲ってくれと頼みます。

やっぱり、恋愛ものですね・・。

・門
主人公は「宗助」。
親友である安井の妻「御米」を得て、
御米と暮らしていたが、
その罪のためひっそりと暮らしていました。

宗助の弟である「小六」と
暮らすことになるが、うまくいきません。
気労ため、御米は寝込んでしまいます。

複雑な恋愛ものです・・・。

三部作のつながり

前期三部作である
「三四郎」「それから」「門」には、
共通のつながりがあります。

お分かりだと思いますが、
それは、不倫ですね。

夏目漱石の時代には、
不倫は現代以上に厳しく、
ほとんど犯罪扱いです。

そんな社会の中で、共通して
不倫に絡む恋物語を三部続けています。

まさに、
「倫理観と人生観を追究した作品」
です。

こんな感じで、読みほどいていくと、
夏目漱石作品は異様なほど奥が深いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする