忘年会幹事の挨拶・進行、基本は押さえておきましょう!

最新情報

年末が近付くと増えるのが忘年会ですね。

とくにサラリーマンでは、
会社の忘年会があると思います。

友達同士や、同僚同士での忘年会では、
あまり気にはなりませんが、
会社の忘年会では、上司や場合によっては、
社長や専務などの役員クラスも出席します。

普通に出席するだけで気を使う忘年会ですが、
幹事に指名されると、とくに緊張しますね。
準備のほか、幹事は忘年会当日の挨拶と進行を
務めないといけません。


会社の忘年会で幹事に指名されるのは、
だいたい入社数年目の若手です。

まだまだ社会人経験の少ない若手にとって、
役員クラスが出席する忘年会の幹事は、
普段の業務以上に、大きな仕事と感じます。

上司も出席する忘年会なのですから、
準備から終わりまで、
段取り良く、皆に気配りができないと
今後の業績評価にも影響していきます。


お店を選んで、予算を組んで、
それを上司に報告してOKが出たら、
出席者を確認、お店に予約して、
場合によっては、自腹で下見して、
会費を集めて。。。

会費も、役職によって金額を変えるか、
男女によっても変えるか、いろいろ悩みますね。

事前の準備以上に緊張するのが、
忘年会当日です。

幹事は、出席者をエスコートして、
開始の挨拶と乾杯、中締め、締めの挨拶など、
挨拶と司会進行を務めないといけません。

これは大変です。
なにせ、お偉いさん達に対する気配りや、
忘年会という行事の一般的な作法など、
自信がある人は、若手ではほぼいません。

ここでは、一般的な忘年会の挨拶や、
進行の仕方
などを説明します。

会社によっては独特のやり方があると思いますが、
まずは基本を押さえましょう。

出席者がお店に来る時には、
だいたい大部屋の個室になると思いますので、
部屋の入り口に立って、皆さんを誘導しましょう。

出席者がそろったら、幹事も席に着きます。
幹事の席は、入口に一番近い席にします。

定刻になったら、開始の挨拶を始めます。
幹事は、司会・進行に徹することを肝に銘じて下さい。

つまり、挨拶や乾杯などは、
基本的にお偉い方に振ります。
決して幹事がやってはいけません。

幹事の最初の挨拶は、
「時間になったのでこれから始める」
ということを伝えることと、
幹事は自分であることを知ってもらうための
自己紹介のみです。

開始の挨拶は、こんな感じにまとめるのが無難です。
簡単に、この一年の労いの一言を添えてもいいでしょう。

「定刻になりましたので、これより、○○(会社名)の忘年会をはじめさせていただきます。本日の司会進行を務めさせていただく○○と申します。粗相のないよう努めますので、よろしくお願いします。」

「本日はお忙しい中、出席していただきありがとうございます。今年一年お疲れ様でした。今年一年の疲れを癒し、来年に向けて英気を養って頂きたいと思います。」

続いて、乾杯の挨拶です。
これはお偉いさんに振ります。
いきなり振られると困りますので、
必ず、事前に乾杯の挨拶をお願いする
ということは伝えておきます。

振り方としてはこんな感じですかね。

「早速ですが、ここで○○さん(様)に乾杯の挨拶を頂戴したいと思います。皆様、お手元のグラスにお飲物をご用意ください。それでは○○さん(様)、よろしくお願いします」

乾杯が終わるとしばらく歓談になります。
歓談中は、特にお偉い方の飲み物や食べ物に気を使いましょう。

ここでの気配りが、後の評価に影響します。
また、お偉い方に顔を知ってもらう
絶好のチャンスです。

自分がお腹がすいてても、
お酒を飲みたくても、
自分よりお偉い方を優先してください。

しばらく経つと、スピーチをお願いしてもいいでしょう。
乾杯の挨拶と同じように、お偉い方に振ります。
やはり、スピーチをお願いする人には、
事前にお願いしておきましょう。

「皆さん、盛り上がっていると思いますが、この辺で○○さん(様)より今年一年を振り返って、挨拶をいただきたいと思います。○○さん(様)よろしくお願いします。」

またしばらく歓談の後、締めになります。
締めの挨拶もお偉い方に振ります。

会が盛り上がっているとなかなか言い出しにくいですが、
勇気を出して、皆さんに聞こえるように大きな声で、

「えー皆さん、宴もたけなわですが、時間が迫ってきました。この辺で○○さん(様)より締めの挨拶をいただきたいと思います。○○さん(様)よろしくお願いします。」

締めの挨拶が終わったら、
幹事として、終わりの挨拶をします。

「これをもちまして、○○(会社名)の忘年会を終わらせていただきます。本日はありがとうございました。」

以上、簡単な流れを説明しました。

忘年会に限ったことではありませんが、
会社規模のお偉いさんが出席する会で、
幹事をすることは、自分自身を成長させます。

業務に直接影響することではありませんが、
社会人としての知識が身に着きます。

上司が、幹事役を決めかねているときは、
積極的に立候補するようにしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする