秋バテの症状とは?対策と予防を考える

最新情報

最近、夏バテならぬ「秋バテ」になる人が
急激に増えていて話題になっています。

秋バテとは、夏バテの秋バージョンです。

秋バテには、夏バテが長期化し、
秋まで続くパターン
と、
暑い夏には夏バテにならず、
涼しくなってから体調を崩すパターンがあります。

夏バテが長期化する原因としては、

・エアコンによる自律神経の乱れ
・暑さによる疲れ・ストレス
・冷たい食べ物の取りすぎによる体の中の冷え


などです。
夏バテははっきりとした痛みや苦痛が無く、
なんとなくだるいといった症状ですので、
そのままほっておくと長期化し、秋バテとなります。

少しでも、夏バテの症状を感じたら、
改善の対策をしましょう。

後者の秋から、症状が出るパターンですが、
実は、夏に夏バテにならなかった人ほど、
注意が必要
です。

体調を管理し、健康的に夏バテにならなかった
という人は問題ないのですが、
エアコンや冷たい食べ物に頼りすぎて、
夏バテを無理やり抑え込み、
結果、夏バテにならなかったという人は、
そのツケが涼しくなると、一気に押し寄せてきます。

また、気温が下がっているのにかかわらず、
エアコンや冷たい食べ物など、
夏の生活習慣から抜け出せていないのも原因の一つです。

夏バテが長期化するパターンの人と比べて、
どちらが深刻がお分かりになると思います。

秋バテの主な症状は、

・全身倦怠感
・睡眠不足
・食欲不振
・消化不良


などです。

秋バテの予防対策としては、

「夏の生活習慣を秋に合わせる」

これに尽きます。

具体的には、
冷たい食べ物を控え、暖かいスープなどで、
体を労わります。
夏の暴飲暴食のダメージを回復させましょう。

また、少し暑いと感じてもお風呂に入ることです。
シャワーのみで済ます人も多いと思いますが、
秋になると、自分が思っている以上に、
体は温もりを求めています。

多少暑いのであれば、ぬるめのお湯でも
構いませんので、湯船に浸かるようにしましょう。

最後は、衣類です。
まだまだ暑いからといって、
何時までも半そでや短パンでは、朝夕は冷えます。

昼間は半袖でも、夕方になると冷えますので、
一枚羽織るものを必ず持つようにしましょう。

秋バテの予防に一番重要なのが、
残暑が残り、まただんだんと涼しくなる
9月です。9月の秋バテ対策の仕方によって、
本格的な秋になる10月・11月の
秋バテの症状が決まってきます。

秋バテの予防対策をまとめると

「じんわり温め、ゆっくりリラックス」

です。

秋バテにならないように、
対策をしっかりしていきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする