読書メーターのアプリとFacebook 読書の秋を楽しもう

最新情報

10月になって、だいぶん秋らしくなってきましたが、
まだまだ、暑く感じる日が多いですね。

秋と言えば読書です。読書の秋です。

そんな読書の秋に便利なのが、
「読書メーター」です。

読書メーターとは

読書メーターとは、自分の読書量を
グラフなどで管理できるウェブサイトです。

iOS用のアプリもあり、
Facebookとの連携もできて便利です。

読書メーターのサイトはこちらから

→ 読書メーター

本を読み終わったら、
読書メーターにログインして、
読んだ本を登録しましょう。

登録した本の冊数やページ数がグラフになって
視覚的に管理できるようになります。

また、登録した本の表紙のサムネイル画像
表示され、本棚機能によってきれいに整理
されるので、楽しく管理することができます。

読んだ本の感想やコメントを投稿することができます。
他人が投稿したコメントも読むことができます。

気に入ったコメントには「ナイス!」をつけることができ、
自分コメントが「ナイス!」されると気持ちいいですね。

感想や評価を共有することができるので、
一種のSNS的な使い方もできますね。

読書メーターのアプリ

読書メーターにはiOS用のアプリがあります。
残念ながらAndroid用のアプリ
まだリリースされていないようです。

ただし、スマホ用に最適化された
ウェブサイト
がありますので、
スマホを使う場合も不便には感じないと思います。

人によっては、アプリよりも
ウェブサイトの方が機能が多いので、
アプリは使っていないという人もいるようです。

アプリの機能として、本のバーコード
iPhoneのカメラでスキャンすると、
本が検索できるという機能があります。

認識率はまだまだ低いようですが、
便利な機能ですね!

Android版のリリースと、
さらなる機能・使い安さアップを
期待していますよ!

読書メーターとFacebook

読書メーターはFacebookと連動して
使うことができます。

Facebookとの連動方法は、
読書メーターにログインして、
プロフィール編集から行うことができます。

Facebookと連動したら、
本を登録したときやコメントを投稿したときに、
読書メーターと同時にFacebookにも
投稿されるようになります。

Facebookと連動することにより、
ますます、読書仲間と
繋がっていくことができますね。

また、Twitterとも連動できるようです。

読書メーターとブクログ

「読書メーター」と同じようなサイトに
「ブクログ」というサイトがあります。

「読書メーター」と「ブクログ」を比較すると
ほとんど機能は同じですね。
グラフ機能も本棚機能もどちらにもあります。

ユーザー数の比較としては、
登録ユーザーはブクログが多く、
レビュー数では読書メーターのほうが多いみたいです。

それぞれの特徴としては、

・本の管理機能重視では「ブクログ」
・SNS機能重視では「読書メーター」


と言ったところでしょうか。

ブクログには、読書メーターには
できない機能として、
読んだ本のデータをcsv形式でエクスポートできます。
もちろん、そのcsvのインポートもできます。

それに対して、読書メーターには、
ブクログに無い機能として、
「つぶやき機能」があります。

これは、Twitterに似た感じで、
短いコメントを素早く投稿できる機能です。

このつぶやき機能があるため、
レビュー数は、圧倒的にブクログよりも
読書メーターのほうが多いです。

気軽に、読書仲間に絡むことができて、
仲間が欲しい!という人には
読書メーターがおススメです。

読書メーターとブクログは、
それぞれ特徴がありますで、
特徴に合うほうを使っていけば良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする