スマートフォン手袋の仕組みと比較

最新情報

寒い季節になると、
暖かい手袋が必須になりますね。

手袋をしていると心配なのが、
スマホの操作です。

ガラケーの時は、ボタンを押すので
問題ありませんでしたが、
スマホはタッチパネルなので、
手袋をしていると操作できません。

スマホのタッチパネルはほとんどが、
静電容量式という方式を採用しています。

静電容量式とは、パネル表面の電気容量の
変化を感知
して操作する方式で、
通電体がパネルに触れる必要があります。

人間の皮膚は通電体なので、
指先でタッチパネルを操作できるというわけです。

手袋をすると、普通の手袋の素材は
通電体でないため、タッチパネルは操作できません。

そこで、手袋をつけたままでスマホの操作がきる
「スマートフォン手袋」が話題になっています。

スマートフォン手袋の仕組みは、
手袋の素材に通電体の繊維を使うことで
静電容量式のタッチパネルの
操作を可能にしたものです。

しかし、この通電体の繊維は高価です。
手袋全体に通電体の繊維をつかうと
非常に高価になってきますので、
多くの商品では指先のみ通電体の繊維を使っています。

スマートフォン手袋を比較するときは、
通電体繊維がどこまで織り込まれているかを
確認するとよいでしょう。

人差し指のみ、人差し指と親指、
または5本の指全部
など
商品によって様々です。

また、ほかの比較材料としては、
滑り止めや暖かさも重要です。

一般的に、手袋をつけたままスマホを操作すると
非常に滑りやすく、落としやすくなりますね。

そこで、滑り止め加工を施した商品もあります。

また、手袋自体が薄くてあまり暖かくないようでしたら
なんのために手袋をしているかわかりませんね。

手袋は手を暖かくするために着けるものです。

数年前に発売されて以降、
スマホが普及するにつれて、
スマートフォン手袋の人気も急上昇です。

特に今年は、爆発的にスマホの
普及が進みましたので、さらに人気になりそうですね。

では、いくつかスマートフォン手袋を紹介します。


・EVOLG

(リンク先は楽天市場)

「EVOLG」(エヴォログ)は、
A-TEAM DESIGNから発売されているシリーズです。

種類も豊富で、ミトンやウールなど
いろいろな素材がラインナップされています。


・iTouch Gloves

(リンク先は楽天市場)

iTouch Glovesは、一番定番かもしれません。
5本全ての指でタッチ操作が可能です。

男性でも女性でも似合うデザインですね。


・E-KNIT GLOVE

(リンク先は楽天市場)

E-KNIT GLOVEは、アウトドアブランドとして有名な
「THE NORTH FACE」が販売しています。

シンプルなデザインで、
やはり男性にも女性にも人気が出そうです。

そのほか

・無印良品
・SHIPS(シップス)
・BEAMS(ビームス)


など、有名なブランドからも
かわいいスマートフォン手袋が発売されています。

今年は、一気にスマートフォン手袋の種類が増えそうです。

スマートフォン手袋の仕組みを理解して、
しっかりと比較検討して、
自分好みのスマートフォン手袋を見つけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする