半沢直樹の原作第1作「オレたちバブル入行組」のあらすじ

最新情報

ドラマ「半沢直樹」の原作第1作である
「オレたちバブル入行組」を読んでみたので、
あらすじを紹介します。

ネタバレもたくさん含まれていますので、
知りたくない人は注意してください。


(リンク先は楽天市場)

物語は、1988年のバブル絶頂期の中、
半沢直樹が「産業中央銀行」に
内定をもらうまでの話で始まります。

半沢直樹が産業中央銀行に入りたい理由は、

実家が小さな会社を経営していて、
経営が危なくなった時に、
メーンバンクの第二地銀は融資を引き揚げ、
かわりに付き合い程度しか取引が
なかった都銀が融資してくれた。

都銀に入って、父のような会社の力になりたい。

ここで述べている理由は、
後になって明らかになりますが、
デタラメです。

内定が決まった後に、
物語の主要メンバーである
「渡真利」「近藤」「苅田」「押木」
との出会いが描かれています。

メインの物語は、半沢直樹が所属する
メガバンクの一角である
東京中央銀行大阪西支店での
5億円の融資の焦げ付きが
発覚したところから始まります。

東京中央銀行は、半沢が当初入行した
産業中央銀行と東京第一銀行が
合併してできた銀行です。

融資先は「西大阪スチール」。

実はこの融資話は、大阪西支店の
支店長である「浅野匡」が強引に
勧めた融資です。

いままでほとんど相手にもされなかった
西大阪スチールの社長「東田」と
支店長の浅野が、なぜか融資話をまとめてくる。

実績を稼ぎたい浅野は、
本部への融資承認の稟議を、
半沢の部下である入行2年目の
「中西」に徹夜でまとめさせる。

その内容の精査を半沢がするべきところを
時間を理由にさせず、稟議を本部に挙げ、
ほとんど強引に、融資の承認を取り付ける。

その半年後、西大阪スチールの
粉飾決済が発覚して、西大阪スチールは倒産。

この責任を、浅野は半沢に擦り付ける。
半沢は、これまでのいきさつを説明し、
反論するが、支店長の浅野と、
副支店長の江島の半沢に対する態度が生々しい。

その後、半沢と中西の
債権回収に翻弄される話になっています。

東田の自宅に赴くが、もうすでに逃げている。

半沢の妻である「花」も登場する。

半沢は、債権回収に走る中、
この融資話自体がなにかおかしいことに気づく。

「渡真利」「近藤」「苅田」「押木」
の今も語られている。

近藤は、総合失調症のため
休職を余儀なくされて、
それが原因で出世コースから外れる。

苅田は、入行後に司法試験をうけることが
できるコースに抜擢されたが、
司法試験に連続不合格となり、
法務部で下働きを強いられている。

押木は、ニューヨーク支店で
エリートコースを歩んでいたが、
9.11の同時多発テロで現在まで行方不明。

渡真利と半沢はそれなりの位置
といったところです。

渡真利から、浅野が本部に度々出向き、
今回の融資の件は、半沢のミスによるもの
ですべての責任は半沢にあると言いまわしている
ことを聞き、怒り心頭。

結局、この責任を回避するためには、
債権を回収するしかないことになった。

信用調査会社の来生と、
西大阪スチールの元経理課長の波野を
巻き込み、情報収集に没頭する。

その後、連鎖倒産した
竹下金属の社長「竹下」の力も得る。

東京の本部からの融資に対するヒアリング
も切り抜けるが、その時半沢の、
面接官を論破した態度が問題になり、
副支店長の江島から非難される。

また、国税の査察が入り、
国税も西大阪スチール関係の情報を
探していることが判明する。

国税の査察の模様も
生々しく描かれている。

半沢は、いろいろ情報を集めるうち、
東田がハワイのリゾートに別荘を購入したこと、
隠し財産が10億ほどあることを突き止める。

また、衝撃的な事実が判明する。

西大阪スチールの社長の東田と
支店長の浅野は、幼馴染であり、

浅野は、家族にも話すことができない
株の信用取引での損失を埋めるため、

東田と共謀してこの融資を取り付け、
計画倒産を計画したという。

半沢は、東田のプライベートの
メールアドレス宛に、「花」の名を借りて、
事実をすべて公表し、部下に謝罪するように
電子メールで迫る。

この時の東田と、送信者「花」つまり半沢との
やりとりの心境が、この作品の中で一番の
見せ所になっていると思いました。

東田の追いつめられる様の描写は、生々しく
読んでいて、ドキドキしました。

結局は、この事実を得た半沢は、
東田の隠し財産を差押えすることに成功し、
無事、債権を回収。竹下も債権を回収する。

また、この事実を公表すると浅野に迫り、
半沢自身は、本部の営業二部の次長の座を獲得する。

人事に大きな影響力をもつ支店長のなせる技です。
それまで、浅野自身が本部に伝えていた
半沢の評価を全て撤回し、出向の話まで出ていた
半沢の人事をうまく回しました。

最後に、半沢の父の話になります。

実は、半沢が就職面積で話した志望理由は、
まったくの逆で、早々に融資を引き揚げたのが、
産業中央銀行で、助けてくれたのが地方銀行だったのです。

しかも、当時の産業中央銀行の担当が、
物語に登場している、業務統括部部長代理の「木村」
だったことが明らかになっています。

半沢は、この木村に復讐するのが、
本当の志望理由だったというわけです。


あらすじは、以上です。

ドラマと原作には結構違いがありますね。

東田の愛人である未樹と黒崎とのシーンは
原作にはまったくりありません。

黒崎も大和田常務も「オレたちバブル入行組」
では登場しません。

登場するのは、原作第2作である
「オレたち花のバブル組」
からです。

また、ドラマでは初回から連発され、
流行語にもなっている「倍返し」ですが、

原作の「オレたちバブル入行組」では、
1回しか登場しません。

しかも、登場する半沢の言葉は、

「オレは基本的に性善説だ。相手が善意であり、行為を見せるのであれば、誠心誠意それにこたえる。だが、やられたらやり返す。泣き寝入りはしない。十倍返しだ。そして潰す。二度とはい上がれないように。浅野にはそれを思い知らせてやるだけのことさ」

の一回きりであり、しかも「倍返し」ではなく「十倍返し」です。

原作第2作目からは、数回「倍返し」が登場してきますが、
「倍返し」はドラマ用に作った決めゼリフみたいな感じですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする