エルドレッドの成績と骨折からの復帰!

最新情報

広島東洋カープの外国人選手
エルドレッドが話題になっています。

エルドレットは、
2012年6月にカープが獲得した内野手で、
元々、大リーグのタイガースに所属していました。

2012年には、カープのチーム内2位となる
12本塁打の成績を残して、2013年も
カープに残留していました。


(リンク先は楽天市場)

広島東洋カープと言えば、
16年振りのAクラスで、
初のクライマックスシリーズ(CS)
に進出
しました。

そんなカープの中で、
エルドレッドは活躍を見せています。

2013年シーズンの成績は

出場試合数:66試合
打率:.247
打数:235
安打:58
本塁打:13本
打点:32点


です。

なんかパッとしない成績ですね。
とても話題になるほどの成績ではありません。
しかし、これには理由があります。

2013年シーズンが始まってすぐの
2013年4月20日、本拠地の
マツダスタジアムでの巨人戦。

巨人先発の菅野投手から、右手に
デッドボールを受け、右手首を骨折してしまいます。

翌日、一軍選手登録を抹消され、
治療に専念します。

骨折した約1か月半後の6月5日に
早期に一軍に復帰しますが、
極度の不振により、1か月後の
7月6日に、再度一軍登録を抹消され、
二軍で調整を強いられます。

普通の外国人選手では、
この時点で、モチベーションが砕かれ、
そのまま、目立った成績を残さず退団・・。

となるはずですが、エルドレッドは
二軍に落とされても、腐らずにがんばりました!

そして、8月31日に一軍に昇格すると、
ここから、エルドレットの猛快進撃が始まります。

9月7日のDeNA戦で、
2打席連続ホームラン。

クライマックスシリーズ進出のかかった
9月25日の中日戦では、
決勝打となる2ランホームランを放つなど、

復帰後の9月の成績は、

打率:.353
本塁打:7本
打点:15点


月間MVP並みの成績を残しました!
ホームランと打点は、9月だけで
1年の成績の半分を稼いでいます。

骨折だけでなく、不振が理由の二軍降格からの
奇跡の復帰を見せてもらいました!

これだけ活躍すれば、来季も期待!
といいたいところですが、
残念ながら2014年の契約は決定していません。

キラとバリントンの残留は決まっていますが、
同じように活躍したミコライオ投手と同様に、
来季も契約するかどうかは、まだわからない
ということです。

カープは、来季の外国人補強について、
50人ほどリストアップされているようですが、
その中に、エルドレッドとミコライオも
入っているようです。

一説によると、年棒ダウンを了承すれば、
残留できるといった話も聞きます。

今シーズンのエルドレッドの年棒は、
発表されている内容では6850万円です。
カープの中では高額な部類なのでしょう。

クライマックスシリーズでは、
慣れないレフトの守備位置で、
ファインプレーも見せています。

打つ方でも、勝利に結びつく
活躍を見せています!

どうか残留することを願っています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする