日経平均株価とは?過去の推移と今後の予想

最新情報

日経平均株価とは?

日経平均株価とは、東京証券取引所の
第一部に上場している約1700社のうち、
225社の株価を基に計算される株価指数です。

数ある株価指数の中で
一番代表的であり、
一番ポピュラーですね。

民間の会社が作成・発表している
指数ですが、日本政府
公式に経済指標として使用
しています。

日経平均株価の算出に
採用されている225社には、

ソニー、キヤンン、トヨタ、ホンダ

など、日本を代表する企業
名を連ねています。

いわば、企業の日本代表ですね。

日経平均株価の算出方法

日経平均株価は、東証一部に上場している225社から
計算していることは説明しましたが、
具体的な方法を説明します。

日経平均株価は、
アメリカのダウ平均株価と同じ
株価平均型方式で算出します。

株価平均型方式とは、単純に225社の各企業の株価を
合計し、企業数である225で割って
求めます。

ただし、権利落ちなど、特殊な事情で
株価が変動した場合には、その価格変動を修正する
「修正平均」を採用しています。

この方式では、計算は簡単ですが、
時価総額は同じでも、株価が高く発行株数が
少ない企業の値動きが大きく影響
し、
株価は安くても発行株数が多い
企業の影響は少なくなります。

つまり、株価が高い企業の株価が
数社急落すると、日経平均株価が下がっていても、
株価が上昇している企業がずっと多いといった
現象が起きてしまいます。

また、算定に採用される225社は、
実情を反映させるために、
常に入れ替えを行っています。

入れ替えのペースは約半年ごとで、
最新の入れ替えは、2013年の9月に
2社が入れ替えとなっています。

日経平均株価の推移

日経平均株価は、1950年9月7日
東京証券取引所が、現在の算出方法で
初めて発表されました。

当時の名称は日経平均株価ではなく、

「東証第1部修正平均株価」

と呼ばれていました。

初めて発表された日経平均株価は、
約110円でした。

物価の変動もあると思いますが、
現在の1/100以下ですね。

その後、日経平均株価は細かい上下変動はしますが、
ほぼ、上昇トレンドのまま上昇を続けて、
1984年に初めて大台の1万円を超えます。

日本経済が急成長した証拠ですね。

その後も一貫して上昇を続け、
バブル経済の最盛期の1989年12月29日
史上最高値の38957.44円を記録します。

1950年からバブル経済崩壊まで、
一貫して上昇を続けていましたので、
今では考えられないですが、

「日本の地価と株価は下がらない」

と本気で思っていたことが分かりますね。

バブル崩壊後は、下降トレンドとなり、
2003年4月28日に、当時バブル崩壊後の
最安値である7607.88円を記録。

その後ITバブルで、2007年7月に
18300.39円まで上昇
しますが、
2008年9月のリーマンショックにより、
再び下降トレンドになります。

2008年10月28日には、バブル崩壊後の最安値
6994.90円を記録しています。

その後は持ち直し、現在では
アベノミクスの影響で約14000円くらいで
推移しています。

日経平均株価の今後の予想

日経平均株価の今後はどうなるか?
誰もが気になる話題ですね。

日経平均に限らず、経済指標の予想は
プロでも確実に予想することはできませんね。

日経平均株価の今後の予想としては、
いくつかありますが、代表的な予想として、
2014年に18000円まで回復し、
年末には20000円を突破すると
される予想が多いですね。

中には、2020年には10万円を突破すると
言う人もいます。

反対に、2014年に9000円割れを起こす
される説を唱える人もいます。

まぁ、予想なのでなんとでも言えますね。

経済が回復し、少しでも裕福になれればいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする