JAXAの宇宙飛行士になるためには

最新情報

子供のころの夢は「宇宙飛行士」

とくに男の子に多いのではないでしょうか?

そこで実際に宇宙飛行士になる方法
調べてました。

宇宙飛行士になるためには、
まず、宇宙飛行士を募集してるところを
探さないといけませんね。

日本で唯一、宇宙飛行士を募集するのは
「JAXA」という組織ですが、

宇宙と言えば、「スペースシャトル」
NASAが思いつきます。

NASAは「アメリカ航空宇宙局」といって、
アメリカ政府の宇宙開発に関わる計画を
担当する連邦機関です。

民間機関ならまだいいですが、
連邦機関なので日本人の我々には
敷居が高すぎますね。

でも、毛利衛さん若田光一さん
のようにNASAの日本人宇宙飛行士に
なれた人はいます。

しかし、より現実的に考えてみると、
NASAの宇宙飛行士を目指すよりも、
日本の「JAXA」の宇宙飛行士を目指す方が、
現実的ではないでしょうか?

JAXAとは「宇宙航空研究開発機構」といって、
日本の独立行政法人です。

英文名称で

「Japan Aerospace eXploration Agency」

と言います。
日本での航空宇宙開発政策を担当する機関です。

JAXAは2003年10月1日に、
それまで3つあった日本の宇宙開発関連の
組織が合併して誕生した組織です。

さて、とりあえずJAXAのHPを見てみましょう。

→ コチラ(JAXAホームページ)

2013年10月現在、
「JAXAで働きたい人向け」というページに
「宇宙飛行士採用」のページがあります。

→ コチラ

このページは、変更になっているかもしれません。

宇宙飛行士採用のページでは、
国際宇宙ステーションの搭乗宇宙飛行士
募集していましたね。

残念ながら、現在では募集は終了しています。
不定期で募集しているみたいです。

JAXAは、いつも募集しているわけではないので、
タイミングが合わないと応募すらできません。

このようなタイミングもめぐり合わせです。
運命のようなものと私は思っています。

でもだからと言って、あきらめたらダメです。
いつかある宇宙飛行士募集のための準備が必要です。

参考に前回募集(2008年4月~6月)での
募集条件をみてみましょう。

日本国籍を有すること

大学(自然科学系)卒業以上であること。
  自然科学系とは、
  理学部、工学部、医学部、歯学部、
  薬学部、農学部等 を言います。

・自然科学系分野における研究、設計、開発、製造、運用等に3年以上の実務経験を有すること。

・宇宙飛行士としての訓練活動、幅広い分野の宇宙飛行活動等に円滑かつ柔軟に対応できる能力(科学知識、技術等)を有すること。

・訓練時に必要な泳力(水着及び着衣で 75m: 25m x 3回 を泳げること。また、10分間立ち泳ぎが可能であること。)を有すること。

・国際的な宇宙飛行士チームの一員として訓練を行い、円滑な意思の疎通が図れる英語能力を有すること。

・宇宙飛行士としての訓練活動、長期宇宙滞在等に適応することのできる医学的、心理学的特性を有すること。(一部省略)

・日本人の宇宙飛行士としてふさわしい教養等(美しい日本語、日本文化や国際社会・異文化等への造詣、自己の経験を活き活きと伝える豊かな表現力、人文科学分野の教養等)を有すること。

・10年以上宇宙航空研究開発機構に勤務が可能であり、かつ、長期間にわたり海外での勤務が可能であること。

・米国勤務当初に必要な国際免許の取得のため、日本の普通自動車免許を採用時までに取得可能なこと。

・ 所属機関(又は、それに代わる機関)の推薦が得られること。


条件を一つ一つ見ていくと、
すでに大卒以上の人は、条件に合致していなければ
残念ながら、ほぼ無理でしょうね。

年齢制限は明記されていないので、
大学に入り直して、3年以上の
実務経験を積むしか方法はありませんが、
現実的ではないでしょう。

現在、高校生以下の人は、
この募集条件に当てはまるような
進路を選択しましょう。

まず、大卒は必須条件です。
また、学部は上記の自然科学系
学部を選ぶ必要があります。

大学卒業後も卒業した学部に関連する
研究・開発・設計などの実務が3年以上必要です。

卒業学部以外の分野に就職するのはNGです。

次に、今から英語の勉強を始めましょう。
今すぐにです!
宇宙飛行士は国際的な立場での仕事です。
英語力は必須です。

水泳に自信がない人は、
スイミングスクールに通ってでも、
募集条件に合うようにします。

18歳になったら普通運転免許
取ることは忘れないでください。

このように前回の募集条件を
参考に、いつ募集が開始されても
いいように準備をしときましょう!

JAXA所属に宇宙飛行士は現在、全部で8人います。
少し言い方を変えれば、8人しかいません。

前回募集ときに2人のJAXA宇宙飛行士が
採用されましたが、応募総数は963人なので、
倍率は約480倍です。

また、採用された2人の学歴は、
東京大学と防衛大学校で、
いわゆるエリートコースを
歩んできた人ですね。

ちなみに、AKB48の第一期オーディション
では、総応募者7924人で、24人の合格でしたから
倍率は約330倍です。

単純な比較はできませんが、
AKBになるより宇宙飛行士になるほうが
難しいということになります。

最後に、気になる宇宙飛行士の給料ですが、
基本的にJAXAの給与規定によります。

つまり、一般の職員と同じということですね。
ちなみに参考として、

・大卒30歳で約30万円
・大卒35歳で約36万円


です。本給なのでいろいろ手当はつくでしょうが、
一般的なサラリーマンと同程度です。

宇宙飛行士だから高給!
というわけではないようです。

そもそも、給料を気にする人は
宇宙飛行士採用試験で落ちますよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする