七草粥の由来

最新情報

七草粥とは?

七草粥とは、人日(じんじつ)の節句
1月7日の朝に食べる
7種類の野菜が入ったお粥です。

人日の節句とは、端午や七夕と同じ
五節句の一つです。

古来の中国では元旦から一日ずつ
動物を決めて占いをする風習があり、
対象の動物は、その日は殺さない
とされてきました。

元旦から数えて7日目の動物が
人間だっため、1月7日
「人日の節句」と呼ぶそうです。

七草粥の七草とは

・芹(セリ)
・薺(ナズナ)
・御形(ゴギョウ)
・繁縷(ハコベラ)
・仏の座(ホトケノザ)
・菘(スズナ)
・蘿蔔(スズシロ)

の7種類を言います。

七草粥の由来は?

人日の節句に七草粥を食べる由来は、
上でも説明しましたが、

1月7日は人を殺さない日であるため、
「人を大事にする」という考えから、
春に芽吹く七草を食べて、一年の無病息災
願うということからきています。

この意味に加えて、
中国では、1月7日に官吏昇進を決めていた
ということから、出世を願って
七草粥を食べるという意味もあります。

この風習が出来た頃は、旧暦でしたので、
正確には現在の2月になります。

しかし、現代でも1月7日に七草粥を食べますね。
現代では、人日の節句の意味に加えて、
お正月に痛めた胃腸をいたわり回復させる
という意味も込められています。

七草粥の風習は日本では、
平安時代に宮中行事として、
七草粥を食べるようになったのが
起源とされています。

江戸時代になると、七草粥の風習は
一般化されて、幕府では将軍をはじめ、
武士はみんな七草粥を食べる行事を
行っていたとされています。

七草粥の効用がすごい!

七草粥を食べる由来の一つとして、
正月に食べ過ぎで痛めた胃腸を
回復させる
ためと説明しました。

痛めた胃腸を回復できるのですから、
七草粥の効用はすごいですね。

七草の栄養と効用をまとめてみました。

・セリ
鉄分が豊富です。増血作用(血を増やす)が期待できます。

・ナズナ
熱を下げて、尿を出しやすくする効用があります。

・スズナとスズシロ
消化酵素である「ジアスターゼ」を多く含み、消化を促進する効用があります。

・ハコベラ
タンパク質ビタミンが豊富に含まれています。



まとめてみると、七草の効用はすごいですね。
胃腸をいたわるという由来に納得です。

七草粥の簡単レシピ

七草粥の効用を説明しましたが、
基本的に七草はおいしくないです。

子供のころ、七草粥を食べさせられてきましたが、
どうも嫌いでした。

そんな七草粥を少しでもおいしく食べるための
レシピを調べてみました。


1.七草を用意する

七草は、1月7日が近付くと、
スーパーなどで七草セットが売られていますので、
そのセットを買うのが効率的です。

例えばこんなの ↓

(リンク先は楽天市場)


2.前日にご飯を炊き、水につけておく

ポイントは、前日にご飯を
水につけておくことです。

こうすることで、通常では2~3時間
煮込む必要があるところを
短時間でふっくらとしたお粥を
作ることができます。

3.七草を食べやすい大きさに切る

4.ご飯に火をかけ、とろみが出たら七草を入れる

5.一煮立ちしたら塩を入れて軽くまぜ、火を止める

6.しばし蒸らせば出来上がり!


七草粥が味気ないと思う人は、
干し貝柱干しエビなど魚介類系でダシをとれば、
味が深くなるのでお勧めです。

また、七草粥を作っても七草が余ったら、
リゾットやパスタ料理に使うのがお勧めです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする