二十四節気のカレンダーで季節感を感じよう

最新情報

二十四節気とは?

二十四節気という言葉を知っていますか?
多くの人が「なにそれ?」と思うでしょう。

では、「春分」「秋分」「夏至」「冬至」
は知っていますか?これなら、
知っている人がほとんどだと思います。

春分も夏至も「二十四節気」の一つです。

二十四節気とは、「にじゅうしせっき」と読み、
季節感を表す言葉を、24個で表したものです。

カレンダーにも、六曜と同様に、
二十四節気が載っていることが多いですね。

「六曜」については、こちらを参考に。

コチラ

古代中国では、月の運行による
太陰暦を使っていましたので、
太陽の運行とは無関係に暦が決まっていました。

なので、暦と季節がどうしてもズレてきます。
それでは、農耕に不便なので、
太陽の運行に基づいた二十四節気
導入されました。これが、二十四節気の起源です。

二十四節気はどうやって決めたの?

二十四節気は、地球の公転角度を24等分
つまり15度地球の公転が進むごとに、
季節の冠した言葉を割り振って決めています。

正確には太陽の黄道上に位置によって
決めています。

黄道とは、実際には地球が太陽の周りを
回っているのですが、
地球から見て、太陽が地球を1年かけて
1周する道筋
を言います。

太陽が真東から昇る
春分を起点(0度)と考えます。

0度が春分なので、90度の位置に太陽が
来る日を夏至180度秋分
270度冬至になるのが予測できますね。

太陽暦を基にしている現在の日本では、
暦通りに季節がやってきますので、
二十四節気は、毎年ほぼ決まった日になります。

年のよって、1~2日ほどズレてきますが、
例えば、春分は大体、3/20か3/21になります。

太陰暦を使っていた昔は、
二十四節気から季節感を感じていましたが、
太陽暦の現代では、日付で季節が分かりますので、
二十四節気は、単に季節の言葉になっています。

せっかくの素晴らしい文化なのですから、
カレンダーで二十四節気である日が
目に入ったら、二十四節気で
季節感を感じるようにして下さい。

2014年の二十四節気が
入ったカレンダー ↓


(リンク先は楽天市場)

二十四節気の一覧

二十四節気の一覧です。
( )内は黄道角度と日付です。

日付は年によって若干変わって
きますので、2014年の日付
記載しています。

・春分(0度、3月21日)
・清明(15度、4月5日)
・穀雨(30度、4月20日)
・立夏(45度、5月5日)
・小満(60度、5月21日)
・芒種(75度、6月6日)
・夏至(90度、6月21日)
・小暑(105度、7月7日)
・大暑(120度、7月23日)
・立秋(135度、8月7日)
・処暑(150度、8月23日)
・白露(165度、9月8日)
・秋分(180度、9月23日)
・寒露(195度、10月8日)
・霜降(210度、10月23日)
・立冬(225度、11月7日)
・小雪(240度、11月22日)
・大雪(255度、12月7日)
・冬至(270度、12月22日)
・小寒(285度、1月5日)
・大寒(300度、1月20日)
・立春(315度、2月4日)
・雨水(330度、2月19日)
・啓蟄(345度、3月6日)


ちなみに、二十四節気は、
中国の季節を基に作られていますので、
日本の季節感よりも1か月くらい早いです。

ニュースでよく、

「今日は立春です。暦の上では、今日から春です」

と2月4日くらいに報道されますが、
普通に考えて、2月は真冬ですよね。

このような季節のズレは、
中国と日本の季節のズレが原因です。

Googleカレンダーに二十四節気を表示!

最近では、スケジュール管理にスマホを
使う人が多いと思います。

スマホのスケジュール管理アプリでは、
ほとんどがGoogleカレンダーと同期できますので、
Googleカレンダーをよく見る人が多いと思います。

そこで、Googleカレンダーに
二十四節気を表示する方法
を紹介します。

1.二十四節気を表示させたいカレンダーのアカウントでGoogleにログイン

2.コチラをクリック!

3.画面右下の「+googleカレンダー」をクリック


以上です。

ここでは、二十四節気のカレンダーに
国立天文台暦計算室の二十四節気カレンダーを
使用しましたが、ほかのサイトにも
Googleカレンダーに追加できる
二十四節気カレンダーがありますので、
検索して探して、お好みで選んでください。

iPhoneカレンダーに二十四節気を表示!

Googleカレンダーに続いて、
iPhoneユーザーのために
iPhoneカレンダーに二十四節気を
表示する方法を紹介します。

まずは、こちらのアドレスをコピーして下さい。

http://www.google.com/calendar/ical/2i7smciu430uh0mv3i0qmd8iuk%40group.calendar.google.com/public/basic.ics

上記のアドレスにアクセスするのではなく、
アドレスのコピーです。

続いて、iPhoneで、

設定 → メール/連絡先/カレンダー → アカウントを追加

と行って、「その他」を選んでください。

「照会するカレンダーを追加」をタップし、
サーバーを入力する画面になりますで、
上記でコピーしたアドレスを貼り付けてください。

これで、iPhoneカレンダーに
二十四節気が表示されているはずです。

GoogleカレンダーでもiPhoneカレンダーでも
二十四節気が表示されれば、季節感を
感じることが多くなりますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする