Surface2のスペックは?iPad Airと徹底比較!

最新情報

2013年10月25日に、日本でマイクロソフトの
タブレット端末「Surface2/Pro2」が発売されました。

Surface2 32GBモデル

(リンク先は楽天市場)

Surface Pro2は、どちらかというと、
ノートパソコンの延長上の商品です。

CPUもノートパソコンに採用されている
Corei5を搭載し、重さも1kg近くあります。

OSもパソコンと同じ「Windows8.1 Pro」を
搭載し、容量によっては価格は10万円を
軽く超えます。

そんな高機能PCである「Surface Pro2」よりも
より軽量で価格の安い「Surface2」
まさにAppleの「iPad」のライバルと言えます。

iPadと言えば、10月22日に新型である
「iPad Air」と「iPad mini」が発表されて
話題になっていますね。


(リンク先は楽天市場)

特に「iPad Air」は、Surface2と
使用シーンも同じとされていてライバルですね。

同じ時期に「Surface2」と「iPad Air」
という最新のタブレット端末が発表されました。

iPad Airを購入予定だったけど、
Surface2も気になる・・・・。

そんな人が増えていると思います。
そこで、Surface2とiPad airの
スペックを徹底比較してみました。

まずは大きさと重さです。
幅×高さ×厚さで単位はmmです。

Surface2:173×275×8.9 約676g
iPad Air:169.5×240×7.5 約469g


となっています。
iPad Airの方が若干小型ですね。
特に重さは200g以上iPad Airが軽いです。

次に液晶画面の大きさと解像度です。

Surface2:10.6型 1920×1080ドット
iPad air:9.7型 2048×1536ドット


画面は若干Surface2が大きいですが、
これはアスペクト比が違うためで、
実質的な大きさはほぼ同じでしょう。

解像度はiPad Airの方が高いです。
でもフルHDレベルなので、
どちらも目で見て判別できないと思います。

次は処理速度を決めるCPUです。

Surface2:Tegra4(クアッドコア)
iPad Air:A7(デュアルコア)

スペックだけを見ると、Surface2が
高性能のように見えます。

「Geekbench」というベンチマークの
スコアの測定結果を調べてみると

Tegra4:4148(機器不明)
A7:2552(iPhone5s)


となっています。
OSも機器も違うので、
直接の比較はできませんが、
数値上ではTegra4の方が
スコアは高いようです。

次に各種インターフェイスについてです。

Surface2には、外部ストレージが使用でき、
microSDカードのスロットが搭載されています。
また、USB3.0端子も装備されています。

カメラは背面が500万画素前面が350万画素です。

それに対してiPad Airは、
外部ストレージは使用できず、USB端子もありません。
Lightningコネクターが搭載されています。

カメラは背面が1200万画素、前面が500万画素です。

汎用性で言えばSurface2に分があるようです。
カメラでは単純に画素数では決まりませんが、
iPad Airの方が高性能な感じですね。

次はバッテリー(動作時間)です。

Surface2の動作時間は最長10時間
iPad Airも最大10時間となっており、
両社互角の戦いですね。

ただし、これは公式サイトの数値なので、
実際に使用する環境ではどのようになるかは
わかりません。

最後は気になる価格です。
内部ストレージの容量ごとに
価格が決まっています。

Surface2では、

32GB/64GB:44800/54800円

iPad Airでは、

16GB/32GB/64GB/128GB:
51800/61800/71800/81800円


になっています。
同じ容量ではSurface2の方が安価です。

OSが違うので、使用できるアプリ
が異なったり使用感も随分違うと思います。

アプリの数だけで言えば、iPad Airが
断トツにSurface2を上回ります。

そこがSurface2(Windows)の欠点ですね。
ただし、Surface2はOSがWindowsなので、
普段PCで使い慣れたアプリとの親和性が高いです。

私個人としては、iPad Airの軽さと
アプリの豊富さでiPad Airが欲しいのですが、
価格が高いと思います。安価なノートパソコンが
買えてしまう値段ですからね。。。

なので、アプリ数や重さの欠点を差し置いても、
Surface2に心が動いています。

マイクロソフトのSurface2に対する意気込みも
すごいので、その辺もSurface2に心動く要因ですね。

さて、どうしましょう・・・?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする