芥川賞と直木賞の違いは?実はココが違う!

最新情報

芥川賞とは?

芥川賞は、大正時代の代表作家である
「芥川龍之介」の業績を記念して、
芥川龍之介の友人である「菊池寛」
1935年に創設した賞です。

芥川賞は、正確には「芥川龍之介賞」と言って、
純文学の新人に与えられる文学賞です。

受賞作品は「文藝春秋」に掲載されます。

同じ芥川賞として「芥川也寸志」を記念した
作曲賞である「芥川作曲賞」もあるので
間違わないようにしましょう。

芥川賞2013年上期受賞作

(リンク先は楽天市場)

直木賞とは?

直木賞は、正確には「直樹三十五賞」といって、
直木三十五の友人である「菊池寛」が「芥川賞」
とともに1935年に創設した賞です。

主に新人や無名作家の大衆小説に与えられる賞です。
受賞作品は「オール讀物」に掲載されます。

直木賞2013年上期受賞作

(リンク先は楽天市場)

芥川賞と直木賞の関連は?

芥川賞と直木賞は、同じ「菊池寛」が1935年に
同時に創設した賞です。

現在は、どちらも年2回発表され、
同日に芥川賞も直木賞も発表されます。
上期は7月中旬、下期は1月中旬ですね。

また、受賞者の選考会も「新喜楽」という
同じ料亭で行われ、芥川賞は新喜楽の1階で、
直木賞は新喜楽の2階で行われます。

授賞式も同じ場所で、発表の1ヶ月後に
「東京會舘」で行われます。

主催者も同じで、
「公益財団法人 日本文学振興会」
が主催します。

日本文学振興会は、文藝春秋社内にあるため、
芥川賞も直木賞も文藝春秋と
非常に強い関係があります。

賞品も共通で、芥川賞も直木賞も
正賞として懐中時計が、副賞として百万円
授与されます。

芥川賞と直木賞の違いは?

ここまで説明したように、
芥川賞と直木賞は、

・創設者・創設年も同じ
・選考会・授賞式も同じ場所
・主催者も同じ
・賞品も同じ

結局、芥川賞と直木賞では
何が違うのでしょうか?

決定的な違いは、
芥川賞は「純文学」に、直木賞は「大衆小説」
与えられる賞ということです。

「純文学」とは芸術性を重視した文学で、
「大衆小説」娯楽性を重視した文学です。

つまり、芸術性は純文学が優れていて、
エンターテイメントとしては大衆小説が
優れています。

別の見方では、純文学は「自己表現」であり、
大衆小説は「他人の世界への言葉」になります。

文学の世界には「純文学」vs「大衆小説」
構図があるらしく、どちらが優れているとかは
ないみたいです。

この二つは明確に分けることができず、
実際、過去には純文学作家とされていた
作家が直木賞を受賞した経緯もあるほどです。

上のほうで紹介した、芥川賞と直木賞の
それぞれの受賞作を読むと、
純文学と大衆小説の違いがなんとなく
分かるかもしれませんね。

芥川賞と直木賞の受賞者発表日には、
ニュースなどで話題になりますね。

今後も、芥川賞と直木賞を興味深く
見て行きたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする