トランス脂肪酸とは?まずは基礎知識を身に着けよう!

最新情報

トランス脂肪酸とは、脂肪酸の一種で、
水素を付加して生成される「部分硬化油」
製造する過程で発生する脂肪酸です。

脂肪酸は脂質を作っている成分で、
化学的構造から、
「飽和脂肪酸」「不飽和脂肪酸」
分けられます。

トランス脂肪酸は、不飽和脂肪酸で、
正式には「トランス型不飽和脂肪酸」
と呼びます。

誤解しないでいただきたいのが、
脂肪酸自体は人間の栄養には
不可欠
であることです。

脂肪酸は適量であれば、
必要不可欠な成分ですが、
接種過多になると、様々な
悪い影響が出てくるわけです。

ただし、トランス脂肪酸は、
人間には必須ではなく、
一定量を超えて摂取すると、
悪玉コレステロールを増加させ、
心臓疾患のリスクを高めると言われています。

従って、食品に含まれる脂肪酸自体は
適量であれば人体に必須ですが、
その脂肪酸に含まれるトランス脂肪酸は
人体にとって「百害あって一利なし」
というわけです。

なので、食品の総脂肪酸に対する
トランス脂肪酸の含有率が少ない
食品
を取るようにしましょう。

トランス脂肪酸は、天然には
肉類や乳製品にも微小に含まれています。
よく、牛乳は子供に良くないという
説を唱えられていますが、
これはこの天然のトランス脂肪酸が
含まれているからですね。

ただし、天然のトランス脂肪酸は、
動物の体内で微生物より産生されるので、
その量も微小であり、ほとんど影響ない
との説が一般的です。

上記の牛乳の件は、
結論は明確ではありませんが、
正しい知識を身に着けて、
判断するようにしましょう。

問題なのが、人工のトランス脂肪酸です。
人工のトランス脂肪酸は、
冒頭で説明したように、
「部分硬化油」を作るときに、
副産物として生成されます。

この部分硬化油を原料にする
食品にはトランス脂肪酸が多く含まれています。

例えば、マーガリン、ショートニング、
コーヒークリーム
などです。

また、レトルト食品、インスタント食品、
クッキーや菓子パン
にも多く含まれています。

これらトランス脂肪酸を多く含む食品を
多く摂取していると、将来的に
心臓病や癌などのリスクが高くなります。

基本的には、野菜や魚中心の食生活であれば、
特にトランス脂肪酸の摂取量については
問題ないとされています。

何事もバランスが大事ですね。

次に、トランス脂肪酸の
日本と各国の取り組みについて、
こちらの記事で紹介しています。
ぜひご覧になってください。

→ トランス脂肪酸が多い食品の規制について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする