岩波文庫のおすすめ本はコレ!創業100周年ってすごい!

最新情報

岩波文庫とは?

岩波文庫とは、岩波書店が発行している
日本語の文庫本叢書です。

主に古典的価値がある本
多く刊行しています。

創刊は1927年(昭和2年)日本で初めて
文庫本を発行しました。

岩波文庫を発行している岩波書店
1913年(大正2年)創業で、
今年、創業100周年を迎えました。

「岩波書店」の看板の字は
夏目漱石が書いた字だそうです。

岩波文庫も創刊して90年近い歴史があります。

岩波文庫は、本を安価に流通させて、
より多くの人が手軽に学術的な本を
読めるようになることを目的として創刊されました。

最初に刊行は「万葉集」でした。

そんな歴史のある岩波文庫の中で
おすすめ本をまとめてみました。

岩波文庫のおすすめは?

個人的な見解も含まれていますが、
ネット上でリサーチして探した
おすすめ本を紹介します。

まずは、歴代の販売部数のTOP3です。

●プラトン「ソクラテスの弁明」

●夏目漱石「こころ」

●ルソー「エミール」


戦前・戦後を通じて、
「ソクラテスの弁明」は160万部
「こころ」と「エミール」は130万部
売れているみたいです。

次に、岩波書店が創業100周年に当たって、
「読者が選ぶこの一冊」と題して、
人気アンケートを行っていて、
そのアンケートでの岩波文庫部門での
TOP3を紹介します。

1位:夏目漱石「こころ」

2位:吉野源三郎「君たちはどう生きるか」

3位:中勘助「銀の匙」


以下、「忘れられた日本人」(宮本常一)
「古寺巡礼」(和辻哲郎)などが続きます。

1位の「こころ」は、歴代ランキングにも
入っていますね。


(リンク先は楽天市場)

こちらの過去記事でも
夏目漱石について紹介しています。
ぜひご覧ください。

→ 夏目漱石の読んでおきたい三部作

次に、2013年11月現在のAmazonでの
岩波文庫でのベストセラーです。

1位:吉野源三郎「君たちはどう生きるか」

2位:プラトン「ソクラテスの弁明・クリトン」

3位:内村鑑三・鈴木範久「代表的日本人」


「ソクラテスの弁明」「君たちはどう生きるか」は、
岩波文庫では外せないおすすめ本になっていますね。


(リンク先は楽天市場)


(リンク先は楽天市場)

岩波文庫あれこれ

話は変わって、岩波文庫を楽しむための
豆知識
を紹介します。

まずは、帯の色です。

岩波文庫は、本の種類によって5色の
帯の色を使い分けています。

使い分けは

青帯:日本思想・東洋思想・哲学・宗教など

黄帯:日本の古典文学

緑帯:日本の近現代文学

白帯:法律・政治・経済・社会

赤帯:外国文学


になっています。
大型書店にいくと、岩波文庫の
数に圧倒されますが、大体の分類は
帯の色でわかりますね。

次は、実は歴史が古い岩波文庫ですが、
絶版は今までしていないということです。

つまり、創刊から現在までの全ての
本が販売されていることになります。

実際は、そんなことは不可能ですので、
「絶版」ではなく「品切れ」の状態だそうです。

リクエストの多い「品切れ」の本は、
毎年、復刊されています。

最近の復刊の例では、

・ルター「マリヤの讃歌」

・トルストイ「懺悔」

・スピノザ「スピノザ知性改善論」


などです。
過去の名作も、人気があれば
新品の状態で読むことができますね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする