ビットコインとは?特徴と問題点を分かりやすく説明!

最新情報

ビットコインとは?

ビットコイン(Bitcoin)はインターネット上で
取引される仮想通貨です。

こちらの動画で分かりやすく説明されています↓



通貨といっても円やドルみたいに
実在のお札やコインなどの貨幣が
存在しないデジタル通貨
です。

ビットコイン中本哲史(ナカモトサトシ)
名乗る人物によって投稿された論文に基づいて、
2009年より運用が開始されました。

ビットコインは、低い手数料
ネット通販の決済、国際間送金ができ、
使い勝手が良く、特に海外で利用者が増えています。

中本哲史(ナカモトサトシ)って誰?

ビットコイン提唱者である
中本哲史という人物は、実は正体が明らかになっていません。

これほどまでに世界に影響を与えたビットコインの
提唱者ですが、自ら名乗り出ず表にも出てきていません。

しかし、最近になってインターネットの基礎技術である
「ハイパーテキスト」を開発した有名なテッド・ネルソン氏
が、ビットコインの提唱者は、
京都大学数理解析研究所の「望月新一教授」であると
断言しました。

望月新一教授は、数学の権威だそうです。

この教授は論文を発表する際には、
従来からの学術的な経路でなく、ネットを利用して発表
しているそうで、ビットコインの論文も
同じ手法で発表されたみたいです。

ビットコインの特徴

円たドルといった通貨は、中央銀行が存在し、
貨幣を刷ったり、管理したりする機関があります。

ビットコインは、中央銀行のような
中央機関は存在せず、通貨の発行・取引は
全てインターネット上で行われています。

中央機関が存在しないため、格安の手数料
各種決済ができるのがビットコインの最大の
特徴になります。

ビットコインの闇

ビットコインは中央機関による
権力の影響を受けません。

上で説明したメリットを手に入れた半面、
デメリットともいえる闇が隠れています。

支払者の身元確認が不要なため、
違法取引での決済に使われます。

この事態を重く見た、各国は
ビットコインの調査に乗り出しています。

アメリカではFBI

「おそらく資金の移動や盗難手段としてサイバー犯罪者を惹きつける」

と発表しました。

ロシアと中国ではビットコイン自体が禁止されています。

また、権力化の下で運用されているわけではないこと、
発行・運用・取引はすべてインターネット上で行われること
などから、セキュリティ上の問題も表面化しています。

なにかしらのサイバー攻撃を受けて、
ネット上に保有していたビットコインが
盗難にあってもだれも保証はしてくれませんし、
おそらく警察も動いてくれません。

日本での取扱は?

世界各国で物議になっているビットコインですが、
日本国では、どのような取扱いになっているのでしょうか?

日本ではビットコインは「通貨」として認められていません。
ビットコインは「電磁的記録」として扱われており、
「資金決済に関する法律」の対象になっていません。

どういうことかというと、通常の銀行や証券会社に
預けている現金や金融資産のように、国として
なにも保証されない
ということです。

ビットコインはビジネス雑誌でも話題になっています。
電子書籍でお手軽に見ることができますよ↓

(リンク先は楽天Kobo)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする