スポンサードリンク

ビットコインとは?

ビットコイン(Bitcoin)はインターネット上で
取引される仮想通貨です。

こちらの動画で分かりやすく説明されています↓


通貨といっても円やドルみたいに
実在のお札やコインなどの貨幣が
存在しないデジタル通貨
です。

ビットコイン中本哲史(ナカモトサトシ)
名乗る人物によって投稿された論文に基づいて、
2009年より運用が開始されました。

ビットコインは、低い手数料
ネット通販の決済、国際間送金ができ、
使い勝手が良く、特に海外で利用者が増えています。

中本哲史(ナカモトサトシ)って誰?

ビットコイン提唱者である
中本哲史という人物は、実は正体が明らかになっていません。

これほどまでに世界に影響を与えたビットコインの
提唱者ですが、自ら名乗り出ず表にも出てきていません。

しかし、最近になってインターネットの基礎技術である
「ハイパーテキスト」を開発した有名なテッド・ネルソン氏
が、ビットコインの提唱者は、
京都大学数理解析研究所の「望月新一教授」であると
断言しました。

望月新一教授は、数学の権威だそうです。

この教授は論文を発表する際には、
従来からの学術的な経路でなく、ネットを利用して発表
しているそうで、ビットコインの論文も
同じ手法で発表されたみたいです。

ビットコインの特徴

円たドルといった通貨は、中央銀行が存在し、
貨幣を刷ったり、管理したりする機関があります。

ビットコインは、中央銀行のような
中央機関は存在せず、通貨の発行・取引は
全てインターネット上で行われています。

中央機関が存在しないため、格安の手数料
各種決済ができるのがビットコインの最大の
特徴になります。

ビットコインの闇

ビットコインは中央機関による
権力の影響を受けません。

上で説明したメリットを手に入れた半面、
デメリットともいえる闇が隠れています。

支払者の身元確認が不要なため、
違法取引での決済に使われます。

この事態を重く見た、各国は
ビットコインの調査に乗り出しています。

アメリカではFBI

「おそらく資金の移動や盗難手段としてサイバー犯罪者を惹きつける」

と発表しました。

ロシアと中国ではビットコイン自体が禁止されています。

また、権力化の下で運用されているわけではないこと、
発行・運用・取引はすべてインターネット上で行われること
などから、セキュリティ上の問題も表面化しています。

なにかしらのサイバー攻撃を受けて、
ネット上に保有していたビットコインが
盗難にあってもだれも保証はしてくれませんし、
おそらく警察も動いてくれません。

日本での取扱は?

世界各国で物議になっているビットコインですが、
日本国では、どのような取扱いになっているのでしょうか?

日本ではビットコインは「通貨」として認められていません。
ビットコインは「電磁的記録」として扱われており、
「資金決済に関する法律」の対象になっていません。

どういうことかというと、通常の銀行や証券会社に
預けている現金や金融資産のように、国として
なにも保証されない
ということです。

ビットコインはビジネス雑誌でも話題になっています。
電子書籍でお手軽に見ることができますよ↓

(リンク先は楽天Kobo)

その他

貿易赤字とは?

貿易赤字とは、貿易収支で輸入額が輸出額を
上回ること
を言います。

要は、外国にモノを売った金額よりも
外国からモノを買った金額のほうが多い
というわけです。

貿易赤字はいけないこと?

これには賛否両論あるみたいです。

貿易「赤字」と表現するので、
マイナスのイメージになりますが、実際は
お金とモノ・サービスを交換しているのであって、
払うお金が多いからと言って、損しているわけでは
ありません。


近所のスーパーに例えると分かりやすいです。

スーパーはモノ・サービスをお客さんに売って、
代金をもらいます。
お客さんは、代金を払ってモノ・サービスを
購入します。

貿易で例えると、スーパーが輸出お客さんが輸入
していることになります。

では、お客さん(輸入ばかりなので貿易赤字)は、
損をしているかというと、そうではありませんよね?

こういった考えに対して、
貿易赤字は、国の通貨が外国に流出しているわけですから、
貿易赤字が続くと、いつかは国家は破たんしてしまう。
という考えもあります。

特に日本は、従来から車や家電を輸出して、
経済成長をしてきた経緯がありますで、
いざ、貿易赤字になると、
「大変だ!貿易立国なのに赤字だ!」
となるわけです。

日本が貿易赤字に!

先ほど説明したように、日本はこれまでは
貿易黒字でした。

バブル時代には、日本車やソニーや
パナソニックなどの日本製の家電が、
アメリカで売れまくって、アメリカへの
輸出がどんどん増えて、アメリカとの
「貿易摩擦」という言葉も生まれたほどです。

そんな貿易黒字国だった日本ですが、
ここ数年、ニュースでは貿易赤字に転落した
との報道が目につくようになりましたね。

貿易赤字になった原因は?

では、なぜ貿易黒字だった日本が
急に貿易赤字になったのでしょうか?

大きな理由は、原発事故によって、
原発が停止し、火力発電が増えたからです。

火力発電を行うには燃やす燃料が必要です。
日本に資源はありませんから、燃料は外国から
輸入することになります。

原発を停止した影響で火力発電用の燃料の
輸入が急増
して、結果貿易赤字になったというのが
一般的な理由です。

貿易赤字になった本当の理由とは?

貿易赤字になった理由を上記のように
説明すると「なるほど」と思いますね。

でも少し待って下さい。

2014年1月の日本の貿易赤字額が
史上最高になったと報道がありました。

原発が停止して数年経ちますが、
なぜ、いまさら貿易赤字額が増えるのでしょうか?

火力発電の割合は変わらないはずなので、
燃料の輸入額もそんなに変わらないはずです。

そう思って、いろいろ調べてみると
おもしろい原因が解説されている記事を
見つけました。

これによると、火力発電用の燃料である天然ガスは、
原発停止前後で1割しか増えていなくて、停止後は
ずっと横ばいであること。


電気機器の輸入額は2007年より25%も増えていることが
紹介されています。

電気機器の輸入が増えています。電気機器って?・・・・
そう、スマホです!

近年、爆発的に普及したスマホですが、
iPhoneはAppleですし、スマホで世界最大シェアは
韓国サムスン
です。

基本的にスマホは輸入品です。

スマホ人気が原発問題よりも、貿易赤字の
大きな原因というわけです。

スマホだけではなく、根本的に輸出不信だったり、
企業の多国籍化なども貿易赤字の原因になっていますが、

ニュースではなぜか、原発が停止して燃料の輸入が増えたから
という理由しか報道しませんね。

一部では、政府が原発を推進するために、
貿易赤字の本当の理由を隠して、
原発がなかったら貿易赤字が深刻化して、
経済に多大が影響が出て、国家が破たんするぞ!
とアピールするためでは?と言われています。

本当のところはどうなんでしょうね?

こんな本もお勧めです。興味があればどうぞ

(リンク先は楽天市場)

その他

伊勢神宮とは?

伊勢神宮とは、三重県伊勢市にある神社です。
神社本庁の本宗になります。

神社本庁とは、全国の神社を総括する
宗教法人
です。

正式名称は「伊勢」の地名がつかない「神宮」になります。

伊勢神宮は、1つの神社と思われていますが、
正確には、「正宮」「別宮」など合計125の社宮
総称して「神宮」と呼んでします。

この125社は、三重県内の4市2郡に分布しています。

神宮が管理する宮社
・正宮(しょうぐう):2社
・別宮(べつぐう):14社
・摂社(せっしゃ):43社
・末社(まっしゃ):24社
・所管社(しょかんしゃ):42社


一般的に「伊勢神宮」というと、
この中の「正宮」のことを指します。

正宮は、「内宮」と「外宮」の2社あり、
内宮には、日本神話の神の中で最高位とされる
「天照大御神(アマテラスオオミカミ)」が、
外宮には天照大御神の食事を司る
「豊受大神(トヨウケビメ)」が奉祀されています。

多くの人が、「伊勢神宮に行ったよ!」
と言うと大体は、この正宮の中の「内宮」の
ことを指しているようです。

参拝は外宮から!

「伊勢神宮」の125社全てを参拝することは無理ですので、
普通は「内宮」と「外宮」を参拝することになります。

「外宮」の存在も知らずに、「内宮」だけを
「伊勢神宮」だと思っている人が多いので、
外宮のことを説明すると、少し尊敬させることが
あるかもしれませんね。

さらに、「伊勢神宮は125社からなるんだ!」
と語れば、なおいいでしょう(笑)

内宮と外宮を参拝するのですが、
最初は外宮から参拝しましょう。

古代より、外宮からの参拝が正しいとされています。

この「内宮より先に外宮を参拝」
のルールを守れば、細かいルールもあるみたいですが、
あとは個人の好きなように回っても問題ないみたいです。

ただし、神様への感謝の気持ちは忘れないように!

外宮の正式名称は、
「豊受大神宮」といって、
食物・作物を司る神様「豊受大神」が祀られています。

伊勢神宮外宮「豊受大神宮」の鳥居
伊勢神宮外宮鳥居

伊勢神宮外宮「豊受大神宮」の正宮
伊勢神宮外宮の正宮

外宮を参拝したら内宮です。

内宮「皇大神宮」といって、
「天照大御神」を祀っています。
一番偉い神様です。

伊勢神宮内宮「皇大神宮」の第一鳥居
内宮の鳥居

伊勢神宮内宮「皇大神宮」の正宮
内宮の正宮

この内宮の敷地内は広大です。
敷地内には、たくさんの社がありますで、
全部見るには、時間が掛かります。

20年に一度の大イベントである
「式年遷宮」は2013年に終わったばかりですが、
日本人としては「伊勢神宮」を一度は
訪れたいものですね。

内宮近くには有名な「赤福」の本店もありますよ!

(リンク先は楽天市場)

観光・旅

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes